大阪の産婦人科ランキング【北摂エリア版】

大阪・北摂の産婦人科選びで迷ったらここをチェック!

自分らしく産みたい方におすすめ 大阪の産婦人科ランキング【北摂エリア版】

子育てへのサービスまとめ

ここでは、初めての出産に臨む妊婦さんに向けた、役立つ情報についてまとめています。

出産後に必ず行わなければならない手続き

出生届

生まれた赤ちゃんの戸籍登録のために必要な届け出です。

産婦人科によっては分娩方法や体重などの項目を記載した上で、出生届を用意してくれる場合もあるため、病院側が用意するのか、自分で用意するのかをきちんと調べておきましょう。

※出生届は役所の戸籍課などで配布されています。

【必要なもの】

  • 出生届
  • 出生証明書(出生届とセットになっている)
  • 届出人の印鑑
  • 母子手帳
  • 国民健康保険証(※自治体によっては必要ない場合もある)

【注意点】

  • 期限を超えると罰金の対象になる可能性がある
  • 生年月日の欄は、西暦ではなく「平成」などの元号で書く
  • 赤ちゃんの名前は、役所の人が読み間違えないように、楷書で丁寧に書く
  • カタカナの「シ・ツ・ミ」「ソ・ン」「ク・ワ」は読み間違いが多いので注意
  • 出生届は、届出人の所在地か両親の本籍地、赤ちゃんの出生地でいずれかの役所・役場に出さなければならない
  • 届出人は代理でも可能だが、署名捺印は両親のいずれかが行う

【期限】

出産日を含めた14日以内(海外で出産した場合は3ヵ月以内)

社会保険の加入

赤ちゃんは生後6ヵ月を過ぎると、ママの胎内や母乳からもらう抗体がなくなってしまいます。抗体がなくなると、風邪を引きやすくなってしまうため、病院へ通う機会も増えるようになります。

社会保険の加入手続きは、家計の負担となる病院の費用を抑えるために、必ず行っておきたい手続きです。

共働きであれば、会社へ健康保険の被扶養者の手続きを連絡し、自営業の人であれば国民健康保険の加入申請を行いましょう。

健康保険の場合(共働き世帯の場合)

【必要なもの】

  • 健康保険被扶養者(異動)届
  • 被保険者(夫・妻)の健康保険証
  • 母子健康手帳
  • 出生届受理証明書
  • 被保険者の課税証明書
  • 届出人の印鑑
  • 被保険者のマイナンバー

【注意点】

  • 手続きをするには、まず勤務先の会社の総務や人事に連絡を入れる必要がある
  • 共働きの場合、父母どちらか、年収が高い方の保険に加入させる
  • 手続きには1週間から10日ほどの時間がかかる

【期限】

1ヵ月以内が目安(1ヵ月検診のため)

共済保険の場合(どちらかが公務員の場合)

【必要なもの】

  • 被扶養者申告書
  • 被保険者の健康保険証
  • 母子健康手帳
  • 出生届受理証明書
  • 被保険者の課税証明書
  • 届出人の印鑑
  • 被保険者のマイナンバー

【注意点】

  • 職場の担当窓口に申請して手続きを行う
  • 30日以内に申請をしなければ、共済組合が受付した日からの認定となる

【期限】

30日以内が目安

国民健康保険の場合(自営業者の場合)

【必要なもの】

  • 国民健康保険加入申請書
  • 被保険者の健康保険証
  • 出生届受理証明書
  • 母子健康手帳
  • 被保険者の課税証明書
  • 届出人の印鑑
  • 被保険者のマイナンバー

【注意点】

住んでいる地域の役所の窓口で申請を行う

【期限】

1ヵ月以内が目安(1ヵ月検診のため)

シングルマザー・シングルファーザーの場合は?

上記の社会保険への加入と手続き方法は変わりません。

ただし、シングルマザー・シングルファーザーの場合、各自治体が行っている「ひとり親家庭等医療費助成制度」の申請ができます。この制度を利用すれば、医療費の自己負担額をさらに抑えることができます。

自治体から届く予防接種の案内とは?

これから出産を控えるママであれば、赤ちゃんの予防接種は必ず受けた方がいい、という話を一度は聞いたことがあるでしょう。

出産後、2ヵ月以内に自治体から「定期予防接種」の案内が送られます。案内が届いたら、必ず赤ちゃんに予防接種を受けさせましょう。

赤ちゃんに受けさせる予防接種は、大きく分けて「定期予防接種」「任意予防接種」の2つです。

定期予防接種とは、感染力が強く重症化しやすいウイルスを予防するため、国や自治体が接種を強く勧めている予防接種のこと。任意予防接種は、摂取するかを保護者側が判断して受けさせられる予防接種です。

任意で予防接種するかを決められると聞くと、任意予防接種はそれほど重要ではないのでは?と多くの人は考えがちです。しかし、ロタウイルスやおたふくかぜなど、重症化しやすいウイルスを予防するために必要なので、任意とはいえできるだけ受けさせた方がよいのです。

定期予防接種

接種するワクチン

  • MR(麻しん風しん混合)ワクチン…麻しん(はしか)と風しんの予防
  • 水痘(みずぼうそう)ワクチン…みずぼうそうの予防
  • BCG…結核の予防 ・日本脳炎ワクチン…日本脳炎の予防
  • 小児用肺炎球菌ワクチン…肺炎球菌感染症・細菌性髄膜炎・敗血症・肺炎などの予防
  • ヒブワクチン…ヒブ感染症(細菌性髄膜炎・喉頭蓋炎)などの予防
  • B型肝炎ワクチン…B型肝炎の予防
  • 四種混合ワクチン…ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオの予防

かかる費用

多くの場合無料。一部地域では有料の場合もある

任意予防接種

接種するワクチン

  • インフルエンザワクチン…インフルエンザの予防
  • おたふくかぜワクチン…おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の予防
  • ロタウイルスワクチン…ロタウイルス(感染性胃腸炎)の予防
  • A型肝炎ワクチン…A型肝炎の予防
  • 髄膜炎菌ワクチン…髄膜炎菌感染症の予防

かかる費用

  • インフルエンザワクチン…約3,500円
  • おたふくかぜワクチン…約3,000円~4,000
  • ロタウイルスワクチン…3回接種した場合、約24,000円~27,000円
  • A型肝炎ワクチン…約6,000円~10,000円
  • 髄膜炎菌ワクチン…約20,000円

※予防接種を行う病院によって価格が変わります。

地域によって助成制度があるため、この金額よりも負担額が安くなる場合があります。

予防接種のスケジュール

予防接種スケジュール

引用:【2017年度版】予防接種について考えよう!あなたの子供のことだから|薬剤師/メディカルライター 宮本知明「心が喜ぶ処方箋」│発表年2017年5月28日(最終閲覧日2017年10月16日)

URL:https://ameblo.jp/blacknightz/entry-12263452632.html

予防接種でよくある疑問

BCGは受けさせなくてもいい?

BCGは、結核のリスクが高い地域では接種が義務づけられていますが、日本国内では結核に感染するリスクが低いため、病院によってはBCGを受けなくてよいとする場合もあります。

定期予防接種を受けることは義務ではないので、受けさせる必要がないと判断すれば断ることができます。特にBCGは痛みが強く、肌に跡が残り続けるため、受けさせたくないというママも多いでしょう。

一方で、最近では国内で結核に感染した人が増えつつあるため、BCG接種は必要だという声もあります。今のところ感染リスクは低いですが、将来のためにBCGの予防接種を受けさせるのも必要かもしれません。

予防接種は危険な副作用が出る?

乳幼児の28人が命を落としたヒブワクチンや、通常の定期予防接種の約7倍もの確率で副作用が現れるHPVワクチンなど、予防接種は常に副作用によるリスクがあります。

副作用の問題から、「予防接種を受けるのは危険だ」と考える人も多くいます。しかし、予防接種を受けなかった場合のリスクも、非常に高いことも知っておく必要があるでしょう。

以前問題となったヒブワクチンも、定期予防接種が始まる前は毎年600人の子どもが髄膜炎(ずいまくえん)にかかってしました。うち15人が命を落とし、150人の子どもに後遺症があったとされています。

ワクチンの副作用は問題ですが、ワクチン接種によって重大な病を予防できている子どもも大勢いるのです。

大阪市の産後ケア事業

大阪市では出産直後の母親を対象に、子育てのサポートを提供しています。
具体的には専門スタッフの指導とケアを受けながら、大阪市が委託契約している医療機関や助産所で過ごすことができます。 生後1か月未満の乳児を持つ母親であれば、誰でも利用可能ですが、申し込みの際には審査があります。利用条件としては、次の3項目を満たしている必要があります。

  • 体調不良や育児不安がある
  • 家族等から支援が受けられない
  • 母子ともに病院等への入院を要しない
  • 宿泊型のショートステイと通所型のデイケアから選択でき、各利用料と利用時間は次の通りです。

  • ショートステイ
  • 1泊2日(5食付)
    利用時間:午前10時~翌日午後7時まで
    利 用 料 :6,000円 (その後1日ごとに3,000円増)

  • デイケア
  • 利用時間:午前10時~午後7時まで
    利 用 料 :2,000円

利用を希望するときには、在住エリアの区保健福祉センターに申し込みを行います。担当者が育児や家庭の状況に関する聞き取り調査を行い、利用の可否が判断されます。
ショートステイ、デイケアそれぞれ7日まで利用できます。
有料での利用となりますが、非課税世帯・生活保護世帯には減額制度もあります。
体調がすぐれずひとりで乳児と向き合う自信が持てない場合や、初めての子育てで周囲からの援助も受けられないという場合には、ひとりで悩まずに産後ケアの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

産後はこうした手続きを忘れずに!

管理人

出産後に必要な、さまざまな手続きついて説明しました。

初めての赤ちゃんが生まれた時は、誰もが慣れない育児にかかりきりになってしまうため、出生届や社会保険の手続きをする余裕はありません。

しかし、これらの手続きは、生まれた赤ちゃんのために必ずしておかなければなりません。忘れないよう、出産の前にパパに頼んでおきましょう。国民健康保険に加入している場合、出生届と同時に健康保険の手続きを役所でしておくと手間が省けますよ。

手続きとは少し違いますが、予防接種もできるだけ受けておくことが勧められます。

費用の負担や、副作用の問題から予防接種にマイナスのイメージを持つ人は多いでしょう。ですが、予防接種を受けず病気になってしまうリスクの高さを考えた時、予防接種はやはり重要だと思うのです。

親にとって一番大事なのは、子どもが元気に育ってくれること。そのためには、危険な病気にかかるリスクはなるべく排除してあげたいですね。

手続き以外にも、大阪市では産後ケアなどの子育て支援策を行っています。産後うつに陥らないためにも、少しでも不安があれば保健師や最寄りの保健福祉センターに相談してみましょう。赤ちゃんは社会全体にとっても、未来を支える大切な存在です。利用できる支援制度を活用し、お母さんも赤ちゃんも産後を健やかに過ごしていきましょう。

参考:2018年1月5日「産後ケア事業」大阪市
http://www.city.osaka.lg.jp/kodomo/page/0000370578.html#1

 
自分らしく産みたい方におすすめ 大阪の産婦人科ランキング【北摂エリア版】