大阪の産婦人科ランキング【北摂エリア版】

大阪・北摂の産婦人科選びで迷ったらここをチェック!

自分らしく産みたい方におすすめ 大阪の産婦人科ランキング【北摂エリア版】

大阪での出産・育児環境

大阪は東京に次ぐ規模を誇るエリアであり、口コミでも評判の良い産婦人科が集まっています。これから大阪で出産を予定している方のために、出産から育児までの環境や補助、おすすめのクリニックなどについてまとめました。

大阪での出産環境

矢吹産婦人科 少路クリニック

大阪では、分娩の実績が豊富で託児室やエステサービスなどが整った「矢吹産婦人科 少路クリニック」などの出産施設が注目されています。矢吹産婦人科では無料エステやフルコースディナーなど、一生に一度のお産を特別なものにするサービスやリラクゼーション設備が整っています。

矢吹産婦人科 少路クリニックの詳細はコチラ

神田マタニティクリニック

吹田市にある「神田マタニティクリニック」も同様にエステサービスや託児所が併設されており、スタッフが親切で美味しいと評判の食事が提供され、出産を控えていて不安なお母さんでも利用しやすい環境が整っています。

広々とした待合室では妊婦教室が開催され、設備には最新型の「4Dエコー」が導入されるなど、初産にも安心して臨める環境が揃っています。

神田マタニティクリニックの詳細はコチラ

箕面レディースクリニック

箕面市にある「箕面レディースクリニック」は女医による初診や無痛分娩などに対応する、インテリアが可愛いと評判のクリニックです。一時預かり保育やお母さん・お子さんの各種教室なども開催されており、出産後の育児に関しても相談することができます。

箕面レディースクリニックの詳細はコチラ

その他の助産施設については、経済的理由を抱えており入院助産が受けられない方のために、府内の22ヶ所の助産施設(市立病院や総合医療センターなど)で受け入れ態勢が整っています。所得によっても制限がありますが、出産費用を援助してもらえる場合があります。

出産後の育児支援については、国民健康保険の加入者に「出産育児一時金」が支給されます。直接支払制度や受取代理制度を利用することもできますが、国保から出産育児一時金を受け取ることもできます。

出産育児一時金に加えて、一部の健康保険組合に加入している方には「出産育児付加金」が、産休中のワーキングマザーには「出産手当金」「育児休業給付金」がそれぞれ支給されます。別途、勤務先の企業の福利厚生を利用して「出産祝い金」を受け取れる場合もあります。

 

参照:大阪府 助産制度

http://www.pref.osaka.lg.jp/kateishien/josann/index.html

参照:大阪府 すくすく 助産施設制度

https://osaka-city.mamafre.jp/archives/service/josan/

大阪での育児環境

大阪府内には1,837ヶ所の保育所がありますが、待機児童数0人を達成している寝屋川市や河内長野市などの市町村と、吹田市や豊中市など人口密集率が高いために待機児童数が依然として多い地域があります。

育児に関する支援としては、乳幼児の医療費負担を軽減する「乳幼児医療費助成」や「児童手当金」など、医療費が無料になる制度や中学校卒業まで支払われる手当金などが利用できます。

出産後の育児サポートについては、市により内容が異なります。大阪市では「産後ケア事業」として、退院直後に母親の心身のケアや育児に関するサポートを行っています。市と契約を結んでいる19ヶ所のクリニックや助産院で、生後1ヶ月未満の乳児とお母さんに対し、支援やサポートを行います。

堺市では、生後4ヶ月未満の赤ちゃんとそのお母さんに対して、助産所に宿泊しながらケアやアドバイスを受ける「産後ショートステイ」という試みが行われています。

初めての赤ちゃんに対して不安に思うこと、育児疲れや授乳方法に関する疑問など、さまざまな事を相談できる施設になります。一度の出産につき、最大で7日間まで利用することができるので、体調管理や育児などに不安のあるお母さんにとっても安心です。

その他、大阪府全体での試みとして、妊娠・出産したお母さんへのエンゼルサポーターの派遣、マタニティウェアやベビー服の提供、「大阪市新婚・子育て世帯向け分譲住宅購入融資利子補給制度(住宅ローンの利子の一部を補助)」、女性への就労支援事業など包括的な取り組みがなされています。

「ひとり親家庭サポーター事業」では、ひとり親世帯への自立支援や就労支援を行っているほか、きめ細やかな就業相談にも応じてもらえます。

 

参照:堺市 「産後ショートステイ」

http://www.city.sakai.lg.jp/kosodate/hughug/lifestage/ninshin/sangokea-syukuhaku.html

大阪市 「ひとり親家庭サポーター事業」

https://osaka-city.mamafre.jp/archives/service/hitorioya-katei-syuugyou-support/

大阪市の子育て支援

大阪市では核家族化や地域でのつながりの希薄化などに着目し、子育てをする親が孤立しないよう、それぞれのライフスタイルに合わせられる支援策に取り組んでいます。
その実施策として妊娠前の不妊治療への援助や、妊娠中から出産、出産後にいたるまでトータルでサポートする手厚い制度が見られます。
妊婦の定期的な健康診断はもちろん、支援を必要とする妊婦に対しては訪問指導を行い、不安要素を取り除き、出産までを健やか過ごせるよう配慮されています。
超低出生体重児や重症妊産婦、母親の脳出血など、緊急時に備えた周産期医療と救急医療との連携も整備されつつあります。
情報提供や交流機会の充実を目的とした妊婦教室が開催され、妊娠中の孤独感や不安感の軽減に役立っています。さらに産後間もない時期に、助産師や保健師が子育て家庭を訪問することで、産後うつやストレス症状の早期発見に努めています。
子育て支援 24時間電話やインターネットによる情報提供により、慣れない育児に戸惑う母親に対して正しい知識やアドバイスを与える取り組みが実施されています。

参考:2014年9月12日「基本施策2 安心してこどもを生み、育てられるよう支援する仕組みを充実します」
http://www.city.osaka.lg.jp/kodomo/cmsfiles/contents/0000085/85023/9dai3-2kihonsisaku.pdf

まとめ

大阪府内では出産から育児までをトータルでサポートする制度が整っており、お母さんの自立やひとり親家庭への支援も充実しています。
かつての家族構成とは違って年長の女性が近くにおらず、情報ばかりがあふれている現代生活の中では、さまざまな意見に振り回されがちになります。ただでさえ精神的に不安定になりがちな妊婦にとって、辛い状況となる可能性も少なくありません。
妊娠・出産・子育てと未知の生活が待ち受ける不安のあまり、自分を追い詰めてしまう母親も多いようです。
子育ては自分ひとりの問題ではなく、未来の社会を支える人間を生み出す大事業です。だからこそ、行政も数多くの施策を整備し、可能な限りのサポートに尽力しています。
そこを理解できれば、気持ちも楽になり、前向きに出産に臨めるに違いありません。
サポートのための施策は、利用してこそ価値があります。
困ったときには解決に活用できそうな制度がないか、すぐに担当の窓口や保健師に相談してみてください。
お金の問題、生活の悩みなど、きっと役立つ手段が見つかります。
ただし、各自治体によって助成金や補助の内容が異なる場合がありますので、お住まいのエリアを確認し、それぞれの自治体のホームページなどで最新の情報をチェックすることをおすすめします。

 
自分らしく産みたい方におすすめ 大阪の産婦人科ランキング【北摂エリア版】